理学療法士国家試験対策&理学療法士勉強&ケアマネ試験対策.com

理学療法士を目指す皆様にPTの魅力や理学療法士国家試験を詳しく解説。PTの勉強やケアマネ試験も解説致します。

介護支援専門員実務研修受講試験を解いてみよう其の2 新オレンジプラン

みなさんこんにちは。今回も、平成30(2018)年第21回介護支援専門員実務研修受講試験問題を解いていきましょう。

 

目次

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

第21回介護支援専門員実務研修受講試験問題2

 

問題2

 

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱として正しいものはどれか。3つ選べ。

 

1.若年性認知症施策の強化

2.認知症の人の介護者への支援

3.認知症の発症割合の低減

4.高度認知症の人への集中的支援

5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

 

問題2 解説

この問題も難しい問題ですね。3つも選ぶということで難易度も高いと思います。まず、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)について見ていきましょう。

 

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)とは

厚生労働省が超高齢化社会に向けて策定した認知症施策です。施策は以下の7つのです。

①認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進

②認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護などの提供

③若年性認知症施策の強化

④認知症の人の介護者への支援

⑤認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

⑥認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデルなどの研究開発およびその成果の普及の推進

⑦認知症の人やその家族の視点の重視

 

こちらを読んだうえで設問を見ていきましょう。


1の若年性認知症施策の強化は、③そのものですのでこの問題の正解です。

 

2の認知症の人の介護者への支援は、④そのものですのでこの問題の正解です。

 

3の認知症の発症割合の低減は、上記に当てはまらないため、この問題の不正解となります。

 

4の高度認知症の人への集中的支援は、上記に当てはまらないため、この問題の不正解となります。

 

5の認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進は、⑤そのものですのでこの問題の正解です。

 

つまり、1、2、5が正解となります。

 

新オレンジプランを覚えていないと解けない問題です。難しい問題でした。では、次回も問題を解いていきましょう。

【スポンサーリンク】